【労務】

介護・保育・看護・建設分野の人材確保・育成対策に係る取りまとめ


  人手不足が見られる建設、介護、保育、看護分野等においては、全国的な労働力需給のひっ迫やそれぞれの分野での労働需要の高まり等に伴い、一層の人手不足が懸念されています。これら分野の担い手の確保・育成対策強化を図るため、厚生労働省の関係部局が横断的に各種施策を検討し、この程そのとりまとめ案が公表されました。

■介護・保育・看護・建設分野の人材確保・育成対策の概要

◇新規の施策
◎介護・保育・看護・建設の4分野共通
「人材不足分野における人材確保のための雇用管理改善促進事業(仮称)」の創設

・モデルコース:看護・保育分野等
当該分野の事業主における雇用管理改善の試行を通じて、有効性やノウハウ等の把握・検証及び取組事例の収集を行い、雇用管理改善モデルの構築及び普及・啓発を図る

・実践コース:介護・建設分野
当該分野の事業主における雇用管理制度の導入支援を行い、雇用管理改善の実践の促進を図る

◎看護分野
・看護師の特定行為に係る研修制度
今後の在宅医療等を支えていく看護師を計画的に養成

◎介護分野
・新たな財政支援制度の創設
介護労働安定センターによる 雇用管理コンサルタント等による 雇用管理改善等援助

・新たな財政支援制度の創設
参入促進・資質の向上の観点からの対策を実施(具体的な内容は予算編成過程で検討)

・新たな財政支援制度の創設
資質の向上の観点からの対策を実施(具体的な内容は予算編成過程で検討)

◎建設分野
・建設労働者緊急育成支援対策
建設人材不足へ対応するため、国と建設業界が連携した訓練の実施や、認定職業訓練制度の拡充、キャリア形成助成金の拡充により建設分野の事業主等による訓練を促進

◇既存施策の拡充
◎介護・保育・看護・建設の4分野共通
「認定職業訓練制度の拡充」
建設、介護等の人材不足分野における中小企業事業主等が実施する認定職業訓練の経費の一部について、補助の拡充を検討

「キャリア形成助成金の拡充」
職業訓練などを実施する事業主等に対して訓練経費や訓練中の賃金を助成し、労働者のキャリア形成を効果的に促進

◎介護・保育・看護の3分野共通
「福祉人材確保重点プロジェクト」
・介護、看護、保育の各分野におけるサービスを担う人材の安定的な確保を図るため、全国の主要なハローワークに「福祉人材コーナー」を整備し、福祉人材の確保に向けた取組を推進

・実施地域の拡大等、介護、看護、保育の各分野における取組内容の充実により、マッチング機能の強化を図る

◎介護・保育・建設の3分野共通
・公共職業訓練の拡充
建設、保育、介護等の人手不足分野における再就職を支援するため、各分野の公共職業訓練を拡充する

◎看護分野
・医療労務管理支援事業
労務管理面でのアドバイザー配置

・医業分野アドバイザー事業
診療報酬制度面、医療制度・医事法制面、組織マネジメント等に関する専門的アドバイザーの派遣

・ナースセンターの機能強化
看護師等免許保持者が離職時等に都道府県ナースセンターへ届出をする制度の創設等

◎保育分野
・保育士・保育所支援センターの機能強化
人材バンク機能を活用した潜在保育士把握等

◎建設分野
・建設労働者確保育成助成金
小企業以外への適用拡大、助成対象メニューの追加、目標達成助成の創設などの拡充を行う

・雇用管理責任者に対する研修
雇用管理責任者の適切な知識習得・向上を図る研修の推進

・建設人材確保プロジェクト
建設労働者が不足している地域の主要なハローワークで実施中
建設分野の人材確保を推進するため、求人充足に係るニーズが高い地域において新たにプロジェクトを実施する等の拡充を行う


詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ[厚生労働省]
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000055423.html


Copyright SBI Business Solutions Co., Ltd. All rights reserved.